内緒で銀行カードローンを利用するなら郵送物に注意

銀行カードローンは「銀行」と言う表現ではあるもののカードローンと言う性質である以上、必要性が低い借金と言う印象を持たれてしまうことが少なくありません。例えば、住宅ローンやマイカーローンなどであれば利用する人自体が多く、それらを購入する際に一般的に利用されるものなのであまりネガティブな印象を持たれることは無いのですが、フリーローンである銀行カードローンを利用する時に「周囲に内緒で利用したい」と思っている場合には、十分に注意する必要があります。

 

申込み時はネットで完結させられることも多く、振り込み融資を利用することで誰にも知られずに完結出来る可能性は高いです。カードローンを利用していることが周囲にバレてしまう可能性が高い瞬間は、契約時(電話・店舗への出入り・在籍確認の電話など)が最も危険性が高くなります。しかし、これらは十分に意識しておくことで安全に済ませることが出来る様になってきているのですが、「契約後」にあるリスクに関しては自己管理次第で大きく変わってきます。

 

例えば「郵送物」に関してはどのような環境で管理するのかがとても大切です。契約書や利用明細書、カードの管理方法を十分に意識しておかないと、それらの郵送物からカードローンの利用がバレてしまう可能性が非常に高くなります。開封前であればあまり心配はいりませんが、開封した書類には会社名や用途などが詳細に書かれているので知識が無くとも見れば分かってしまいます。

専業主婦がお金借りるための条件とは

キャッシングやカードローンは保証人や担保も不要でお金を借りる事が出来て便利ではあるのですが、無条件でお金を貸し出すという訳では無いので審査を行います。
審査では借りたお金に利子をつけて返済するための能力があるという事を確かめるためにも、必要最低限の条件として収入がある事を前提としています。
つまり、収入の無い無職の人は当然門前払いという事になりますが、専業主婦の場合は本人には収入が無くても旦那には収入があるので返済する事は可能です。
しかし、現在はお金借りるためには総量規制があるために原則としては本人に収入が無ければならない事になっているので、無職であろうと専業主婦であろうと同じ扱いであって本人に収入が無いので審査を通過する事が出来なくなっています。
ただ、専業主婦がお金借りる方法が無くなったという訳では無く、総量規制対象外のキャッシングやカードローンを利用すれば良いのです。
規制の対象外と言っても違法業者から借りるという訳では無いです。
総量規制というのは貸金業者に対して適用される規制であって、お金を貸し出しているという点では同じでも銀行は貸金業者とは異なっています。
だから銀行ならば総量規制対象外という事で、専業主婦であろうとも審査の対象となるのです。
ただし、借りる事が出来る金額については上限が低く抑えられているというケースも多く、銀行にもよりますが50万円程度を限度額としていて大きな金額を借りる事は難しいです。

 

ここで気になる事が一つ出てきたと思います。
それは専業主婦がお金を借りる時に「旦那さんの収入証明書や同意書などを求められるのではないか?」という心配事です。
その事については次の説明が分かりやすいかと思います。↓

銀行カードローンでは、申し込み時に世帯全体の収入を記入(入力)する箇所はあるものの、別途「収入証明書類」の提出を求められる事はありません。
配偶者の同意書に関しても、ほとんどの銀行カードローンで提出を要求される事はない(ジャパンネット銀行については配偶者の確認が必要です)ので、収入に関しては世帯の年収を自己申告するだけでOKだから旦那さんにバレる心配は一切ありません。

引用元:専業主婦カードローンラテ|家族に内緒でも借りられるローン

 

これで旦那さんにバレてガミガミ叱られる心配もなくなりましたね♪
上のサイトの中には専業主婦でも借りられる銀行カードローンの人気ランキングも載っています。

主婦ならネットバンクを利用したキャッシングがおすすめ

主婦がキャッシングを利用する時には、状況によって様々な注意点が出てきます。もし、誰にも知られずにカードローンを利用したいと思っている場合であれば、申し込み方法を電話やネットで行い、誰にも見られないように手続きを進めて行き、振り込み融資を利用してお金を借り、契約書類などは厳重に管理して完済までの期間を過ごすと言ったことが必要になってきます。

 

つまり、簡単に言うと「非常にストレスがかかる状況が多くなりやすい」と言う状況になる為、事前にしっかりとシミュレーションしておかないとリスクが高くなってしまうという事です。

 

そんな時には「ネットバンクを利用したキャッシング」が非常におすすめです。ネットバンクとは、インターネット上限定、もしくはネット上を主として営業している銀行の事を指します。通常の銀行と違う点としては、実店舗が無い場合が多いので「すべてのやり取りがネット上で完結できる」と言う点です。ただ、カードローンの利用については一部電話でのやり取りなどが必要になる場合もあります。

 

ネットバンクを利用するメリットは、ネット完結出来るというだけでなく「通帳や書類の管理が楽」と言う点があります。書類などが理由でバレてしまう可能性が高いのですが、ネットバンクはネット上で取引履歴などを全て管理することが出来るため、カードや契約書など最小限の書類のみを管理すれば良いので非常におすすめです。また、取引もネットでいつでもリアルタイムに行うことが出来るので便利です。